Silvermine

フランスの写真収集家トマス・ソーヴィンが北京のリサイクル工場から集めた写真ネガの山、 Silvermineは1985年から2005年に中華人民共和国の一般市民が撮影した50万余のスナップショットの集積である。不規則で、匿名的で、時に目を見張るような写真の数々。古い中国から新しい中国、集団から個人、アナログからデジタルへの変化がそこに写されている。Silvermineにアジェンダはない。アートプロジェクト、社会研究、純粋なエンターテイメント、あるいはその断片として、見る人の望むように様々な姿を現す。

 

未公開の写真を掲載画像に含めるため、トマスは乱数を用いて写真を選ぶことを提案した。その提案は究極の乱数発生技法である易経を用いたコイン投げへと辿りついた。

 

ルール: 一、写真の総合数を決めるため、コインを三回投げる。最大の数を採用する。二、各々の番号を決めるためにコインをもう三回投げる。もしフィルムのラストロールの合計数(10860)を越えた場合、または一つのロールの最大数(36)を越えた場合、三回までコインを投げ直すことができる。

Prev / Next 1/